キャタピラ ン クール ノット。 「結ばない靴紐」の特許を巡る訴訟、クールノットがツインズに全面勝訴 (2020年2月10日)

どこへ通してもいいのですが、たとえばこんな感じです。

3s ease;-o-transition:opacity. 今までは、タダの靴紐っておもってたんですが、靴紐のしめ方で足のどこかに故障がでたり、マメができたりすると書かれていました。

足にフィットさせているシューズを脱ぐのでスリッパとは違いますが、すんなり脱げるので、買い物帰りの自宅で脱ぐ時などには助かります。
のゴム紐もそうですが、靴を着脱するときに紐を締めたりほどいたりしなくていいのが地味に快適。 今回は、結ばない靴紐「クールノット」の使い方、メリット、デメリットを紹介します。 注文して、あっという間に着きました。 キャタピランの方は伸びやすい感じ&コブの幅が微妙で何個にしたら良いかわからず、3個にしてしまうときつすぎてダメでした。 伸縮性があるので、靴を履くのも苦にならないです。 ゴムの伸びが程よく歩きやすいです。 東京地方裁判所は、ツインズが契約違反をした以上、協議および許可を得ることなくクールノットの販売を行っても契約違反にはならないとし、クールノットの行為は特許権を侵害するものではないと判決を下した。 靴は12穴で23センチですが、足が幅広のため、長さは75センチを購入しました。 クールノット キャタピラン コブの形状 円形 楕円形 コブの数 46個 50個 長さ 75cm(69cm) 78cm(73cm) 素材 ナイロン ゴム(Spandex) アセテート ナイロン ゴム アセテート 生産国 Made in CHINA made in JAPAN URL 見た目とカタログからわかる範囲で表にまとめました。 弊社が現在販売している「COOLKNOT」は、平成28年2月まで販売されていたこの「キャタピラン」と同じ工場で製造しているものであり、「COOLKNOT」こそが、元祖「キャタピラン」の正統な後継品であると考えております。

キャタピランとは? キャタピランとは、株式会社ツインズさんが発売しているゴム製の靴紐です。

3 ツインズ社は、弊社代表者らと共有する特許2件(特許第5079926号及び特許第5392519号)の持分4分の1を、弊社代表者に移転登録する手続をせよ。

これについては、後日したいと思います。

2016年には、あのGKの川口選手が所属されています。

スパイラル 足の甲の部分に余裕を持たせたアレンジ方法です。

あと、私は左足甲が痛みやすく、どうしても緩くなりがちなんですが、これなら部分的に調整出来るし、一度調整したらそのままでいい、というのが素晴らしいですね 「48〜50個」と曖昧な表記をしているのは、写真のキャタピランを数えると49個、手元にある別のシューズに通しているものを数えると48個、Webレビューの記事内では50個という記述も見られました
丸い部分はここだけつまむとすぐ潰れるくらい、弾力があって柔らかいです 見た目がカジュアル これも好みによるのですが、カジュアル度が低めのシューズにはコブがあるクールノットは目立ちすぎるかもしれないです
これまでキャタピランで良い結果を残せているので変えたくない という理由から、これからもキャタピランを使い続けることにします コブは中にゴムが入っているため伸縮性があり、伸ばすとコブが平らになり手を離すとコブに戻ります
カタログをみても、一方は「ゴム(Spandex)」でもう一方は「ゴム」となってます 穴は上2つは通さない状態で、コブ3つ分ずつ余り、穴1つ分折り返して通しました
~中略~ 当初は子供用を意識していたが、「キャタピラン」と名付けられたこのひもを履いたマラソン選手からは、「足袋のように密着している」「ふくらはぎへの負担がすごく軽い」といった評価を得ており、大手シューズショップなど、国内各所で販売されるようになった Mサイズ:50〜55cm Lサイズが一般的な長さだと考えていいです
2009年7月24日に行われた、国際水泳連盟(FINA)の会議において、2010年より水着素材を布地のみに制限するルールが決定された[1] この場合、先端がシューズの穴を通せなくなってしまったら使い物にならなくなってしまいますね・・・
16