撮り鉄 罵声。 罵倒・罵声は当たり前! 鉄道会社社長も「阿呆連中」と罵る“撮り鉄”の異常性|日刊サイゾー

撮り鉄が狙ったのは「勝田工臨=こうりん」と呼ばれる列車 マナーの継承ができなくなっているというのだ
・機関車のうち1両(EF81-81)が、お召列車けん引歴がある特別な車両 その何が多くの撮り鉄から注目されたのか、以下にいくつか挙げます
AERA 2021年5月17日号から ホームの柵を越えたり、線路に下りたりするのはもってのほか
運転中( 停中を含む)のへの撮影は、乗務員のをませることにつながり、前方注視ができなくなり 大変危険である などと、暴言を発し、 撮影の邪魔となる同業者・一般客を とことん排除しようとする"な人物"が登場するである
その後は騒動も沈静化となっていたかに思われたが、またも「撮り鉄」らによる騒動を巻き起こっているようだ なぜ、彼らのマナーは崩壊してしまったのか
EF81形電気機関車2両に、レール輸送用の貨車を挟んだ編成です 鉄道ファンのなかでも、列車の撮影に人生をかける「撮り鉄」たちによる、仁義なき戦いだ
55
鉄道ジャーナリストの松本典久さん(66)は、こう指摘する。 撮影者が大勢いる場合、集合写真のひな壇のようにして、前のほうにいる人も、後ろのほうにいる人も、被写体の電車をきれいに撮れるようにするマナーがあります。 もっとも、それを摘するのに罵を上げる必要はないわけで、結局のところ彼らはんだ感で騒いでいるにすぎないのだが。 鉄道罵声大会シリーズとは がの・記念を きれいに 自分の思い通りに 撮影をしたいがために・・・ 後から来たどけよ! 減光してくださ~い」「撮影のじゃますんなよお前!」「運転手さん電気を減光にしてくださ~い」「警笛のサービスとかいらないから!」「警笛で返さないでよ!」と無茶な注文が大声で投げかけられている。 側面の銀帯などが特徴(画像:写真AC)。
17
・機関車のうち1両(EF81-81)が、お召列車けん引歴がある特別な車両。 【実際の映像】「勝田工臨」と、そこで発生した早朝の「罵声大会」 外部サイト. 1月30日午前4時すぎ。 だが、不幸にしてそれが欠如したまま今に至ってしまったのかもしれないという。 「勝田工臨」と呼ばれる列車を撮影すべく訪れた「撮り鉄」でしたが、ホームでは次のような声が飛びかったようです。 「勝田工臨」になぜ撮り鉄大集合? 何かが珍しいのか? 今回、多くの撮り鉄が集まった「勝田工臨」とは、レールを運ぶために運転された臨時列車で、「工事用臨時列車」を略したもの。 さらにサイリウムとおぼしき棒状の発光体を振り、青い光が車外にちらついていた。 この時、現場にいた撮り鉄の男性(18)によると、ホームには100人以上が押しかけていたという。 あまりにも度を越す態度のための初運行日であるには、 乗客や等関係者以外の入場を全シャット、 さらに、隣接する14番線にはを配置し、撮影できないようにするという対策を取った。 「撮り鉄が起こした事件をあげていったら、それこそ本が1冊書けます。 ひな壇の前に、後から来た人たちが三脚を高い位置に設置したのが原因とみられる(写真:@KEIO_GOMIさん提供) 「撮り鉄」による迷惑行為が後を絶たない。
59