横浜 市営 バス。 横浜市交通局のバス時刻表 路線/系統一覧

その他、市営バス一日乗車券・バス・地下鉄1日乗車券・市営バス回数券・みなとぶらりチケット・みなとぶらりチケットワイド・みなとみらいぶらりチケット (相鉄発行)・横浜1Dayきっぷ (京急発行)での利用が可能である。

青色の面積が後部に行くにつれて大きくなっている 通学定期券を新規 学年の変わり目 に購入するときは、学生証(通学区間が明記されているもの)を提示するか、学校の発行する通学証明書を提出してください
浅間町営業所中山出張所 (1964年12月19日廃止)• 廃止された野庭営業所は日野製の車両、金沢派出所と港北ニュータウン営業所は日産ディーゼル製の車両が指定されていた 地下鉄建設計画は市電代替と乗車率超過状態であった京急線救済を果たしたい市の意向から、1972年(昭和47年)12月には - 間を先行開業させた
2006年: 43系統をへ 、110系統をへ移譲• 現在市営バスでは営業していないルートなどを貸切車両で巡ったあと、営業所にて当該車両の方向幕の撮影会、正面交通局章の取り外しや車両番号の塗潰しなどの登録抹消作業を参加者が実際に体験できるという趣向の凝らされたプログラムであった 横浜市交通局では設定区間が限定され市営地下鉄との乗継割引もないため、乗継割引制度の新設を評価する意見がある一方で 、さらなるサービス内容の充実を求める意見もある
廃止された営業所・派出所 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です 現在 [ ]、乗継運賃制度が利用可能な区間は以下の4つである
運行開始時の車両は、現在とほぼ同じクリーム色に青帯塗装の14人乗りで、女子が添乗していた 改善型公営企業として [ ] 中田市政におけるバス事業改革 [ ] (平成14年)には市長のもとで、従来の大型プロジェクト中心政策や長引く不況により逼迫した市の財政再建が掲げられ、市交通局の高コスト体質も厳しく問われることとなった
(昭和34年): 運行開始• 継続購入の場合は14日前から発売します 1928年11月10日の開業当初の路線 路線名 運行区間 井土ヶ谷線 神奈川 - 横浜駅前 - 桜木町駅前 - 阪東橋 - 井土ヶ谷 保土ケ谷線 桜木町駅前 - 平沼町2丁目 - 浅間町 - 保土ケ谷駅前 - 保土ケ谷橋 小港線 桜木町駅前 - 万国橋 - 桟橋 - 山下橋 - 小港橋 - 小港 根岸線 桜木町駅前 - 市役所前 - 亀ノ橋 - 地蔵坂上 - 山元町 - 滝ノ下 間門線 磯子 - 八幡橋 - 滝ノ下 - 間門 三ツ沢線 神奈川 - 青木橋 - 反町東横電車前 - 三ツ沢 日野線 弘明寺 - 上大岡 - 吉原 - 日野 最初のバス車庫 [ ] 市営バスの開業直前に、横の空地に 桜木町車庫(現:)の建築が始まったが間に合わず、市電のの一部がバスの仮車庫として転用された
ぶらり野毛山動物園BUS 8-3909 ピアライン [ ] 路線名 No. 3月18日: に導入• 雨の日臨時便と急行系統の増設• なお、優先座席の表地色は赤地とされたが、2005年度車より一般座席と同一の青色に統一されている 181系統と暫定運行措置対象路線の290・291・292・293・294系統を開設
なお旧塗装車は2009年(平成21年)10月までに全車が廃車された (平成23年)・には、9-1524号車と9-3667号車を使用して「廃車作業立会いツアー」が開催された
26 85 36