ある日お姫様になってしまった件についてネタバレ 73。 翻訳】ある日、お姫様になってしまった件について 73話【ネタバレと感想】

今フィリックスに抱き着くアタナシアがわたしの待ち受けなんですが、変えました。 手に持っている文献を放り投げました。 最新情報は公式サイトにてご確認ください。 『私たちも公子にはバタバタしているので、、とはお伝えしたのですが、 それでも 公子はどうしても姫様に会ってお話しされたいと。 しかもアタナシアのときはすぐに追い払ったのに、そのようなことはしない。 アタナシアはジェニットダメー!と止めようとしましたが・・・何と父がチョコを一つ手に取ると口にしました。 笑 真剣な表情のイゼキエル。
75

クロードの記憶は魔力に飛び込んだところで終了しました。

ジェニットも呼び出されて、ようやくおじさんの様子がおかしいことに気が付いたのではないでしょうか。

』 『うん、あなたは?体調崩してない?』 『えぇ、もちろん。

またアナスタシウスは、魔力はクロードの劣るものの、皇宮の敷地内に眠るルーカスらしき存在に気づいていたようですね。

クロードの魔法を解くための書物?それとも・・・。

まるでちょっと前みたいですね。

8 40