静か なる ドン 結末。 漫画「静かなるドン」の最終回のネタバレと感想!無料で読む方法も

64
歴代組長 [ ] 坂本健(四代目)() 鬼州組の四代目にて中興の祖、海腐によると「天下を支配する覇王」の器を持ち、その統率力で曲者ぞろいの鬼州組を一手にまとめ上げ着々と勢力範囲を広げていた。 10月25日にコミックスが 100巻の大台に到達し記念キャンペーンが行われた。 『静かなるドン』第105巻のあらすじ イタリア首相として来日したマフィアのドン・メタボーニは、鬼州組の襲撃を予期し、「人間の盾」として秋野を使う。 敵である坂本の葬儀に現れた静也は、五代目姐に対し、盃をもらいたいと持ちかけた! 生倉と取り込まれた龍宝によるクーデター時も変わらず静也に忠誠を誓い守ろうとする。 雷電 豪 泥沼組系・土佐闘犬組組長。 頼りない清川が陰獣会をまとめていられるのは彼の功績によるものが大きい。